飲酒時に運転代行を利用するのは地方では定着しています

地方の小都市や田舎町では移動の手段は車が中心で、飲酒時には自分の車で会場に向かい、
帰路には運転代行を利用するのは、ありがたい事に現在ではすっかり定着して来ました。

花の金曜日には、飲み屋街にはひっきりなしに運転代行の随行の車が行き来しているほどです。

依頼が集中する時間帯には、少々お待ちいただく事もあります。

それでも、お待ち頂いて利用頂ける事に感謝をしています。

現在のご利用シーンとしては、こうした飲酒時が圧倒的に多いですが、
最近では馴染みのお客さんが、それ以外でも上手に活用いただくケースも増えています。

以下のそんなケースを紹介したいと思います。

体調が急に悪くなったり、眠気が取れない時のご利用例

会社に出勤する時には、元気であったものの、
退社する頃に急に体調が悪化する事も稀にあるでしょう。

軽い風邪と思っていたのが、
時間が経過して体温が上昇して運転するのに危険を感じて代行を依頼されるケースも増えています。

近年、体調不良による交通事故の例などがテレビニュースで報道される事が増えているからでしょう。

さらに、風邪薬を飲んだりして眠気が取れなく、
このまま運転しては危険だと判断されて依頼を頂くケースもあります。

体調不良や眠気が強い時も、飲酒時同様に注意が散漫となり、
そんな状態で車を運転する事は危険な事です。

こうした事をしっかりと考え、安全のために運転代行を依頼されるのです。

飲酒時は当然ですが、この例のような場合にも、気軽に依頼いただければ幸いです。

バニラ運転代行の料金設定をご確認したい場合は、利用料金からご確認ください。

福岡市(中洲/天神/博多地区)の運転代行はバニラ運転代行にお任せ!!

■ご依頼の電話番号■
090-3012-0820